ヤクルトの川端慎吾が東京都内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸から現状維持となる年俸1億6000万円(推定)で更改した。川端は4年契約中で来シーズンが2年目のシーズンとなる。

昨シーズンは恐怖の2番打者としてヤクルト打線を牽引し首位打者も獲得した川端。今シーズンは夏場に自打球で骨折し1ヶ月以上戦列を離れたことで規定打席到達と打率3割はキープしたものの昨シーズンより数字を落としてしまった。

会見で川端は「悔しいシーズンになってしまった。ホームランをもう少し打ちたい。一発もあるぞと思わせる打撃を来シーズンはしたい。チームとしては優勝。個人としては2桁本塁打を目指す」と優勝に加え本塁打の増産を目指すことを誓った。

こちらの記事に関連するタグ

川端慎吾
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事