掲載日: 文章:Clipee運営局

春季リーグ開幕まで待てない!大学野球注目のスラッガー達【前編】

岩見雅紀(慶應義塾大3年/右投右打/東京六大学野球連盟)

慶応のバレンティンこと岩見雅紀が今年ベールを脱いだ。昨秋のリーグ戦で2年生ながらベンチ入りを果たし10打席で2本塁打と大器の片鱗は見せていた。今春レギュラーとなり4本塁打、秋には3本塁打と本塁打を積み重ねている。

岩見は187センチ110キロと体格もよく豪快なスイングが売りだ。長距離砲ということもあり三振も多いが一発の魅力は捨てがたい。リーグ戦通算で三振25個に対し四球は5個。もう少し選球眼を身に着けたい。

新着記事