来秋のドラフト候補に有力な二世選手が登場した。野村謙二郎前広島監督の長男である野村颯一郎だ。

氏名:野村颯一郎(のむらそういちろう)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:環太平洋大学
出身:崇徳高校

広島県の崇徳高校では1年時からショートでスタメン出場。高校時代に甲子園出場経験はないが秋季広島県大会で優勝を果たし中国大会へ出場した実績がある。当時、広島県内では田口麗斗(巨人)、山岡泰輔(オリックス)らとしのぎを削っていた。

3年時にヒザを故障した影響もありプロ志望届は出さず亜細亜大学へ進学。1年春から試合に出場するなど期待されていた。しかし、野村の叔父にあたる野村昭彦氏(野村謙二郎実弟)が監督を務める環太平洋大学へ編入した。

亀澤恭平(中日)、又吉克樹(中日)らを輩出している中国地方の強豪大学である環太平洋大学で編入1年目(学年は3年)にしてレギュラー定着。今春はリーグトップの7打点を挙げる活躍。大学日本選手権、明治神宮大会ともに出場した。

184センチと長身ながら75キロと線は細い。父親と同様にパワーヒッタータイプではなく広角に打ち分けることができるアベレージヒッターで俊足だ。50m6秒を切る俊足を生かすリードオフマンタイプ。サードでアベレージヒッターはプロで需要があまりないため二遊間で勝負をしたい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事