185センチの長身右腕”高橋晴”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

オコエ瑠偉(楽天)がブレイクした2015年夏から3季連続で甲子園に出場している関東一高。その関東一高のエースが来秋のドラフトで指名を受けそうだ。エース兼主将の高橋晴である。

氏名:高橋晴(たかはしはる)
守備:投手
投打:右投右打
所属:関東一高
出身:江戸川中央シニア

高橋は今夏の甲子園で背番号18を背負いベンチ入りを果たしていたが登板はなかった。新チームではエースナンバーの1となりキャプテンとしてチームを引っ張っている。

秋季東京大会では3試合に先発。東海大菅生戦では1年生の戸田懐生との投げ合いを制し公式戦初完封をマーク。フライアウトが多く東海大菅生戦では15個のフライアウトを奪っている。

準々決勝の早稲田実業戦では清宮幸太郎から見逃し三振を奪うなど注目を浴びる。清宮は公式戦初の見逃し三振だった。しかし、6回5失点で敗退。選抜は絶望的となっている。

185センチと長身から投げ下ろすストレートは魅力的。最速は140キロ台前半と豪速球で押す投球スタイルではなく縦のスライダーを交え外、内、高低と幅広く勝負していく。打者の手元で伸びるストレートに打者は差し込まれフライが多くなる。

超高校級ドラフト1位候補ではないが磨けば光る素材として面白そうだ。来夏の甲子園で全国デビューを目指す。

こちらの記事に関連するタグ

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e6%99%b4
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事