巨人の宮國椋丞が東京都内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸1900万円から800万円アップとなる2700万円(推定)でサインした。

今シーズンの宮國は途中に方の故障で登録抹消があったものの、中継ぎとして34試合に登板し防御率2.94と安定した投球を見せた。シーズンオフは台湾のウインターリーグに参加し昨日帰国していた。

会見で宮國は「今シーズンは僅差の試合で多く投げさせてもらった。それを評価してもらいました。ウインターリーグは刺激になった。行ってよかったと思う」と語った。

来シーズンも中継ぎでの起用が濃厚な宮國は便利屋ではなく勝利の方程式に加わることができるようにアピールを続ける。

こちらの記事に関連するタグ

宮國椋丞(2)
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事