田中将大に期待! 日本人初のMLBでの4年連続二桁勝利

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

2013年オフにヤンキースと契約した田中将大。今シーズンで田中は2016年で3年目のシーズンを終えたことになる。

田中はデビューイヤーから故障と向き合いながらも3年連続二桁勝利を達成している。日本人選手によるデビューから3年連続の二桁勝利は野茂英雄(95年-98年)、ダルビッシュ有(12年-14年)以来3人目だ。

その、偉大な先輩たちの4年目には大きな困難が待ち受けていた。

野茂はシーズン序盤から不調でトレードも経験。年間を通じて仕事ができず6勝12敗と大きく負け越し。4年目にして初めて規定投球回に達しなかった。

ダルビッシュはスプリングトレーニングで故障を発症。トミー・ジョン手術を受け一年間をリハビリに費やした。

田中の4年目には何が待ち受けているのだろうか。ヒジに不安を抱えている田中は常に「手術した方がいい」、「手術しないほうがいい」の論争が巻き起こる。やはり一番怖いのは故障だろう。

今シーズンの田中はチーム事情を考え最終戦の登板を回避したものの年間を通じてローテーションを守り31試合に登板。蓄積された疲労も心配される。しかし、現在は休養も終わり国内でダルビッシュらと連日トレーニングに励んでいるので心配は無用だろう。

来シーズン、田中は日本人初となるデビューから4年連続二桁勝利を目指す。

【田中将大・メジャー成績】
2014年:20試合/13勝5敗/136.1回/奪三振141/与四死球25/防御率2.77
2015年:24試合/12勝7敗/154回/奪三振139/与四死球28/防御率3.51
2016年:31試合/14勝4敗/199.2回/奪三振165/与四死球39/防御率3.07

こちらの記事に関連するタグ

田中将大
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事