オリックスの吉田正尚が神戸市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸1500万円から600万円アップとなる2100万円(推定)でサインした。

今シーズン、吉田はルーキーながら開幕戦において1番指名打者でスタメンに名を連ねると、6試合連続ヒットを記録。故障で離脱があったもののシーズンを通して10本塁打をマーク。球団新人31年ぶりの二桁本塁打達成となった。シーズン終了後の台湾ウインターミーティングでも、三冠王をとなり最優秀打者に選ばれるなど格の違いを見せつけた。

会見で吉田は「フェン直ぐらいのアップです。来シーズンは、143試合全部に出られるようにしたい」と故障離脱をなくすことを誓った。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事