松坂二世の次は二刀流!?”難波侑平”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今秋のドラフト会議で巨人から指名された松坂二世こと高田萌生。その高田の母校である創志学園のエース難波侑平がドラフト候補となりそうだ。

氏名:難波侑平(なんばゆうへい)
守備:投手
投打:右投左打
所属:創志学園高校
出身:岡山リトルシニア

今春の選抜で難波は高田がいたこともあり3番レフトで試合に出場。2試合で7打数1安打の成績を残している。高田が2試合で完投したため出番はなかった。しかし、夏の選手権では高田が6回途中10失点でノックアウト。難波が後を引き継ぎ2.1回を1失点と及第点の投球を見せた。

新チームでは背番号1を背負い中国大会に出場。3試合で打っては13打数6安打3打点で打率.462、投げては20回、奪三振7、失点5で防御率2.25とチームを引っ張った。二刀流難波の活躍もありチームはベスト4に進出。中四国地方で争われる最後の一枠へ選抜の望みをかける。

前エースである高田のように三振を多く奪うタイプではないが安定感のある投球を見せる。創志学園の長沢監督も「安定感は高田より上」と評価している。打者としては178センチ75キロと平均的な体格でパワー型ではなく巧打タイプの中距離ヒッター。本人は投手よりも打撃が好きと語っておりプロ入りを目指すなら打者だろうか。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事