強肩強打のすごいヤツ!”猪田和希”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

甲子園出場経験はないがプロで注目をされている強肩強打の捕手が神戸国際大付属にいる。旧チーム時代から4番を務めている猪田和希だ。

氏名:猪田和希(いのだかずき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:神戸国際大付属高校
出身:兵庫伊丹ヤング

兵庫伊丹ヤングから神戸国際大付属に進学。当初は外野でプレーをしており、今夏の甲子園予選では4番レフトで出場。準々決勝の明石商業戦で敗退後に強肩を見込まれ捕手に転向。捕手歴は無いに等しく、小学校以来の挑戦となる。

秋季近畿大会では4試合全て4番キャッチャーでフル出場。打率.538(13打数7安打)2本塁打、6打点とチームの準優勝に大きく貢献。決勝の履正社戦ではノーヒットに封じ込められたものの、しっかりと結果を残してきた。

小学生時代に経験はあるものの急造捕手ということでキャッチング、バッテリー連携など細かいミスはあるが発展途上中とあり、今は目をつむりたい。181センチ、78キロと線はまだ細いがパワーは抜群。守備の粗さを補って余りある長打力を伸ばし、プロ野球界に不足している”打てる捕手”としての成長を期待する。

秋季近畿大会で準優勝を果たし選抜は当確。全国の舞台で強肩強打を見せつける。

こちらの記事に関連するタグ

猪田和希
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事