日本生命のリードオフマン”神里和毅”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

社会人野球の名門である日本生命で1年目からレギュラーを獲得し注目を集めるバッターがいる。中央大学の主将だった神里和毅だ。

氏名:神里和毅(かみざとかずき)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:日本生命
出身:糸満高→中央大

沖縄県糸満高校入学前の南星中学時代から注目を浴びていた逸材。高校進学後3年時の2011年夏に甲子園出場。3打数ノーヒットと結果を残すことはできなかったがプロからも注目されていた。しかし、プロ志望届は提出せずに中央大学へ進学。

中央大学では1年春からレギュラーとして試合に出場し打率.297の成績を残した。しかし、1年秋からの3季で76打数11安打、打率.145と壁に当たった。その後、3年春に復調し、4年秋にはベストナインに輝いた。プロ志望届を提出したものの声はかからず日本生命へ就職となった。

日本生命では1年目からレギュラーを確保し都市対抗野球では2番レフトで出場初戦敗退となったが4打数1安打。秋の日本選手権では打順が1番に上がり2試合で8打数2安打と及第点の成績を残した。

50メートル6秒を切る俊足のアベレージヒッターでリードオフマンタイプ。谷田成吾(JX-ENEOS)らと同世代になり指名漏れから2年後の来秋のドラフトでプロ入りを目指す。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事