ドラフトの目玉は年齢的なこともあり毎年大卒、高卒がメインとなる。しかし、社会人野球にも即戦力候補として待機している有望株は多い。今回は、2017年のドラフトで即戦力として期待がかかる社会人の選手を紹介したい。

善武士(投手/右投右打/東芝)

毎年、好投手を輩出する社会人野球の名門東芝から2017年もドラフト指名候補が誕生した。熊本県多良木高校から東芝に進んだ善武士(ぜんたけし)だ。善は高校時代から150キロに近いストレートを投げプロのスカウトから素材型として注目されていた。しかし、プロ志望届は提出せず社会人野球の道を選択した。

東芝では谷岡竜平(巨人)が在籍していたため都市対抗野球、日本選手権の登板はないが2017年は二大大会でも先発の一角を任されることになりそうだ。来年は全国の舞台で即戦力級のストレートを披露したい。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事