阪神は来年のドラフト会議で清宮幸太郎(早稲田実業)を1位指名する方向で固めたことがわかった。2015年ドラフトで高山俊(当時明治大)、2016年ドラフトで大山悠輔(当時白鴎大)に続き3年連続での野手指名となる。

2017年のドラフトは高卒、大卒ともに野手が豊作と言われており中でも清宮、安田尚憲(履正社)、寺西健(星稜)など高卒のスラッガー候補に注目が集まっている。

中でも清宮は中学生の時から注目されており各球団ともに徹底マークを続けている。先日、巨人も岡崎郁スカウト部長が清宮を徹底マークという報道も出たばかりだ。

重複覚悟で阪神は清宮1位指名を行うのか。2016年ドラフトのように”あっと驚く”指名を行うのか注目したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事