緩急自在の技巧派左腕”大関秀太郎”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2016年夏の甲子園を制した作新学院。エースの今井達也は西武にドラフト1位指名され主砲の入江大生は大学野球の道に進む。偉大なる先輩たちの後を受け2017年の選抜に挑むエースに注目したい。今井からエースナンバーを託された大関秀太郎だ。

氏名:大関秀太郎(おおぜきしゅうたろう)
守備:投手
投打:左投左打
所属:作新学院高校
出身:上三川ボーイズ

2016年夏の甲子園では登録メンバーに入れなかったものの新チームになってからエースとして君臨。プレッシャーの掛かる甲子園制覇後の秋季栃木大会で優勝という結果を残し関東大会に進出。

関東大会の3試合は一人で投げ抜き25イニングで3失点(自責2)と圧巻の投球。今井ワンマンのチームではないところをみせつけた。しかし、明治神宮大会では初戦の明徳義塾戦で4回5失点(自責1)と試合を作ることはできず、悔しい思いもしている。

150キロを超える快速球が売りだった今井とは違い最速135キロとスピードはないが、カーブ、スライダー、チェンジアップといった変化球でコーナーをつく投球で打者を翻弄する。フォームが特徴的で球の出どころが見えにくく打者は球速表示以上の体感速度となっているに違いない。

春の選抜で全国デビューを果たす大関に要注目だ。

こちらの記事に関連するタグ

大関秀太郎
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事