松井二世の期待がかかる”寺西建”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

松井秀喜氏(ヤンキース他)の母校である星稜高校に「松井二世」と称されるスラッガーがいる。2016年夏の甲子園で2年製ながらエースナンバー「1」を背負い先発登板を果たした寺西建だ。

氏名:寺西建(てらにしたける)
守備:投手
投打:左投左打
所属:星稜高校
出身:根上中

松井氏と同じ根上中学から星稜高校に入学し1年秋からレギュラーを獲得。2年の春で4番、夏にはエースナンバーと順調にステップアップしてきた寺西。しかし、2年生でエースナンバーを背負い出場した甲子園では2回途中3失点でノックアウト。しかし、打撃では4番を任され2安打を放ち面目を保った。

秋の新チームからはレフトへコンバートされ打撃一本にかけている。石川県準優勝で臨んだ秋季北信越大会では4打数2安打2打点と初戦敗退の中でも気を吐いた。

191センチ、92キロの体格から繰り出される豪快なスイングは見るものを魅了する。逆方向への打球も強く弾き返すことができ一本調子のパワーヒッターではない。しかし、豪快さと裏表になる確実性に欠けているところが不安材料。外野守備は甲子園で致命的なエラーをするなど猛特訓が必要か。

プロのスカウトも「松井二世」と評価しており来夏の甲子園出場に期待がかかる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事