掲載日: 文章:Clipee運営局

立教のスラッガー笠松がプロ志望を表明

立教大学の笠松悠哉が練習納めとなった24日にプロ志望を表明した。

笠松は「納得行かない1年だった。来年は引っ張っていかないといけない。プロは意識している」とコメントした。

笠松は大阪桐蔭出身で森友哉(西武)と同じ世代だ。一つ上の藤浪晋太郎(阪神)、澤田圭佑(オリックス)らが春夏連覇を達成したときに背番号5を着けサードを守っていた。

その後、立教大学に進んだ笠松は2年春のリーグ戦で4本塁打を放ち右の長距離砲候補として取り上げられる。しかし、それ以降は、伸び悩み今年の秋のリーグ戦は打率.194と不調から抜け出すことはできなかった。

来年、最上級生となる笠松はドラフトを目指す。

日体大が新入部員を発表 明石商・吉高ら24名

こちらの記事も読まれています

新着記事