東海大のリードオフマン”下石涼太”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2年先輩の田中俊太(日立製作所)と東海大学で1年時から二遊間を組み田中が卒業後はセカンドに定着した下石涼太。名門東海大学から2017年のドラフトを目指す。

氏名:下石涼太
守備:内野手
投打:右投左打
所属:東海大学
出身:広陵高校

広陵高校時代に出場した春の選抜甲子園。チーム事情もあり下石は1番投手で出場し初戦で済美と対戦する。済美のエースは安樂智大(楽天)。下石の延長13回219球にも及ぶ力投は報われず敗退。打撃は4打数0安打と安楽に封じ込められた。

夏の広島県予選ではベスト8で山岡泰輔(オリックス)率いる瀬戸内高校に敗退。最後の夏は広島県ベスト8で終わった。その後、下石は東海大学へ進学。1年春から試合に出場しポジションはショートに転向。野手として大学野球をスタートさせた。1年秋からレギュラーに定着し打率.340をマーク。その後も順調にキャリアを重ね2年の夏に侍ジャパンに大学日本代表に選ばれユニバーシアードで金メダルと獲得した。

3年秋に田中俊太(日立製作所)が抜けたセカンドに転向し打率.318と1年秋以来の打率3割をマーク。

172センチ、68キロと小柄ながらスイングスピードが早く逆方向にも強い打球が打てる。50メートル6秒2の俊足でリードオフマンタイプ。山岡、田口麗斗(巨人)といった広島県の同級生たちが刺激になっているという。

田口、山岡は一足先にプロ入りしているが下石もすぐに追いつくはずだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事