掲載日: 文章:Clipee運営局

東洋大が新入部員発表 智辯学園の村上、納ら18名

東都大学野球連盟に所属する東洋大学が2017年の新入部員を発表した。

2016年選抜の優勝投手である村上頌樹(智辯学園)、U-18アジア選手権でMVPを獲得した納大地らを含む18名。甲子園出場経験者は半分の9名となっている。

東洋大は今春一部に復帰し秋季リーグでも日大に次ぐ2位をキープ。新入部員で底上げを図り2011年春季リーグ以来の優勝を目指す。

※◎は甲子園出場

<投手>
鈴木拓人(聖光学院)◎
内池翔(桐生第一)◎
小林玲雄(佐久長聖)◎
村上頌樹(智辯学園)◎
神田大雅(大商大堺)
山下宏史郎(関西)

<捕手>
横山直暉(浦和学院)◎
山崎基輝(愛工大名電)
笹倉大輔(東洋大姫路)

<内野手>
小林直輝(八戸学院光星)◎
大堀智哉(千葉黎明)
大川直也(成田)
酒巻翔(成田)
諏訪賢吉(浦和学院)◎
杉本勇(中京大中京)◎

<外野手>
安田怜央(愛工大名電)
納大地(智辯学園)◎
井奥泰誠(東洋大姫路)

立教のスラッガー笠松がプロ志望を表明

こちらの記事も読まれています

新着記事