上武大学の打てる捕手!”吉田高彰”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

プロ野球では近年、”打てる捕手”が不在と言われており打力のある捕手が減少している。しかし、大学野球にはまだまだ打てる捕手は存在する。その一人が上武大学の吉田高彰だ。

氏名:吉田高彰(よしだたかあき)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:上武大学
出身:東九条スポーツ少年団 – 奈良シニア – 智辯学園

智辯学園3年時に岡本和真(巨人)らと春夏の甲子園へ出場。春の甲子園では下位打線で出場しており打撃は注目されていなかった。試合は2017年ドラフトの目玉になっている田嶋大樹(現JR東日本)擁する佐野日大に延長の末、敗れており、田嶋には4打数ノーヒットだった。夏の甲子園では2番打者として出場。3打数ノーヒットとここでも結果を残すことはできなかった。

上武大学に進学後は1年秋からレギュラーを獲得し1年秋、2年秋とベストナインを獲得。2年秋は打率.344と打撃が向上し打てる捕手として上武大を引っ張っている。2年に進学後は春、秋合計で3本塁打を放つなどパンチ力も備わった。

2年夏の日米大学野球選手権にも選出され、代表では1試合の出場に留まったものの国際大会を経験したことが秋のリーグ戦における好結果に繋がったのかもしれない。

2017年で3年生となりドラフトは2018年だ。2年間でさらなる飛躍を期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事