掲載日: 文章:Clipee運営局

2017年秋に侍ジャパンはアジアチャンピオンシップを構想

NPB主導で2017年秋に韓国、チャイニーズタイペイ(台湾)などのアジア各国代表と争うアジアチャンピオンシップを開催する構想があることがわかった。2005年から日本一のチームが出場するアジアシリーズは開催されたが代表チームで行われる大会は開催されていない。

2017年3月にWBCが行われた後は2019年秋に開催予定のプレミア12まで1年半もの間、国際試合がない。2012年に侍ジャパンを結成してから1年半のブランクは最長となっており国際試合の開催が望まれていた。2020年には東京オリンピックもあり、野球熱を上げるためにもNPB主導でアジアチャンピオンシップを開催したい意向だ。

まずは3月のWBCに全力を注ぎその結果を持って今後の監督人事含め国際試合のプランを練っていく。

上原が日本代表辞退・クローザー問題解決せず!

キーワード

新着記事