西武プリンスD・マウンドをメジャー式へ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

西武プリンスドームのマウンドを来シーズン、メジャー式に近づけることがわかった。

西武は今シーズン、外国人投手ポーリーノ、バンヘッケンが2人で0勝10敗と戦力として計算できなかった。これを受け鈴木葉留彦本部長は「西武ドームのマウンドに原因があのかも知れない」と語り、メジャーの球場と同じ硬く傾斜が急なマウンドへ作り変えることを決めた。

ここ数年では広島の本拠地マツダスタジアムが黒田博樹の戻ってきた2015年にメジャー式へと変化させた例がある。

マウンドの改修工事は来年1月から始まり、オープン戦が始まる3月までには完了する予定だ。

岸孝之(楽天)が抜けた穴を、外国人投手含めて埋めるためにも西武ドーム改修で結果を残したいところだ。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事