掲載日: 文章:Clipee運営局

2年春の選抜登板は期待の現れ!”徳山壮磨”【Players report】

毎年のように、ドラフト指名選手を輩出する大阪桐蔭から2017年も注目選手が現れた。新3年生になる徳山壮磨だ。

氏名:徳山壮磨
守備:投手
投打:右投右打
所属:大阪桐蔭高校
出身:兵庫夢前クラブ

ボーイズリーグの強豪チームが多い関西出身ながら、ヤングリーグの兵庫夢前クラブに所属していた徳山。大阪桐蔭に入学後は、1年秋からベンチ入りを果たす。2年春の選抜では背番号「10」を付けて出場。初戦の土佐戦(高知県)では救援で1回を投げ無失点に抑えた。

高山優希(日本ハム)らが抜けた新チームでは「1」を背負いエースとして秋季大会に臨んだ。新チームの大阪桐蔭は徳山、井上大輔、香川麗爾と世代に3人、そしてスーパー1年生根尾昴と投手が豊富なこともあり登板機会は限られているが、秋季近畿大会初戦の智辯学園戦(奈良県)で4失点完投勝利。奪三振は4つだったものの要所を締めた。

181センチ69キロと細身だがしなやかなフォームから繰り出されるストレートは最速140キロ。近年の高校生右投手にしては、速くないがスピンが効いておりノビがある。スライダーとのコンビネーションで凡打の山を築く。

2年冬のトレーニングで身体が出来てくれば更なる球速アップも見込め注目度も上がりそうだ。

キーワード

新着記事