高橋昂也(広島)、岡崎大輔(オリックス)と2名のドラフト指名選手を輩出した花咲徳栄。そのチームで2年生ながら4番を任されていた選手が今年のドラフト候補となりそうだ。西川愛也である。

氏名:西川愛也(にしかわまなや)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:花咲徳栄高校
出身:浜寺ボーイズ

2016年春の選抜で2年生ながら4番に座った西川。前年の秋季大会で本塁打は0、練習試合を含めても0本だった。名門花咲徳栄の4番だが長距離砲候補ではない。ケガをした選手の代役ということもあり、仕方なかったのかもしれない。しかし、甲子園では2本のタイムリーを放つなどセンスあふれる打撃でチームに貢献。初戦敗退となったもののインパクトを残してくれた。

迎えた夏の選手権で西川は躍動した。高校ビッグ3として大きく取り上げられていた高橋に隠れていたが、チーム最多の6安打。打率.600で3回戦進出へ4番として役割を果たした。

広角に長打を打てる左の巧打者タイプで足も速い。新チームでは4番ではなく3番を務める。高橋昂也のような絶対的エースがおらず秋季関東大会では1回戦でコールド負け。春の選抜は出場できない。1年ぶりとなる夏の甲子園での更なる飛躍を期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事