日本一上手い守備!カープ菊池涼介の”あたりまえ”

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

守備だけならメジャー級

菊池の守備は日本の野球ファンには周知の事実だがアメリカのファンにも知れ渡ったことがある。2014年の11月に行われた日米野球だ。

親善試合を含めてわずか6試合の間に3つものプレーがMLB公式サイトに紹介されたのだ。もちろん、試合のハイライトではなく菊池の単独プレーでだ。

華麗なグラブトスを決めたプレーの打者はホセ・アルトゥーベ(アストロズ)はヒットメーカーとしての活躍が有名だが、2014年、2015年と2年連続アメリカンリーグ盗塁王に輝いている俊足でもある。世界最高級の足を持つ男をつとにしたのだ。

また、黒田博樹も菊池の守備を「菊池の守備はメジャーでもトップクラス。一番は肩の強さ。肩が強くてあれだけ守備範囲の広い選手はいない」と最大級の賛辞を送った。

しかし、菊池はこれだけの評価を得ても決して驕ることはない。これが菊池にとって”あたりまえ”なのだから。

こちらの記事に関連するタグ

菊池涼介
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事