現在MLBでの活躍を期待できる侍リスト

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

則本昂大(楽天)

2014年の日米野球で強烈なインパクトを残した則本昂大(楽天)。5回をパーフェクトピッチング。日米野球史上初の5完全投球だった。

当時アメリカ代表のファレル監督も、則本の投球を絶賛していた。150キロを超えるストレートに低めへ集めることができる多彩な変化球。縦の変化球も勝負球として通用する則本はメジャーでも十分にやれるだろう。

田中将大(ヤンキース)を送り出したようにポスティングに寛容な楽天に所属していることも大きい。2017年から2019年の3年契約を結び2019年オフにポスティングを利用してメジャー挑戦の可能性もある。

則本にとって唯一のネックは身体のサイズかもしれない。178センチ82キロとプロ野球選手にしては平均程度の則本だが、メジャーでは小柄な部類に入る。アメリカで小柄な投手は、敬遠される傾向にありメジャー球団の判断に注目が集まる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事