掲載日: 文章:Clipee運営局

社会人で初めて全国の舞台へ!”鈴木康平”【Players report】

田中俊太、菅野剛士とドラフト候補が揃っている日立製作所。その日立製作所には、野手だけでなく投手にもドラフト候補がいる。長身右腕の鈴木康平だ。

氏名:鈴木康平(すずきこうへい)
守備:投手
投打:右投右打
所属:日立製作所
出身:鎌ヶ谷シニア→千葉明徳高校→国際武道大学

鈴木は千葉明徳高校時代に、同じ千葉県出身で専大松戸の上沢直之(日本ハム)とともに大きな期待を寄せられていた投手だ。甲子園出場はないものの千葉県大会で好投したこともあり、プロ入りも噂されたがプロ志望届を提出せず国際武道大学へ進学。

2年生の秋に5勝を挙げ下級生ながらエースに昇格。しかし、3年時は高校の時から違和感があった肩に異常発生し手術を経験した。4年時に復活し明治神宮大会への切符を賭けた横浜市長杯に出場するも、初戦の桐蔭横浜大に0-2で敗退。明治神宮大会には出場できず。高校時に続いて大学でも全国の舞台へ進むことはできなかった。プロ志望届を提出したものの指名はなく社会人野球の名門日立製作所へ。

社会人1年目となった2016年は日本選手権で全国デビュー。救援、先発ともに1試合ずつで起用され合計10イニングで12奪三振と力を発揮した。

186センチ、76キロと線は細いが最速150キロを超えるストレートとスライダーを武器に三振を量産する。2017年ドラフトが解禁年となり注目が集まる。

キーワード

新着記事