掲載日: 文章:Clipee運営局

夢はワールドシリーズMVP”関戸康介”【Players report】

小学生の頃から注目を集め、テレビ番組でも特集を組まれていたスーパー小学生をご存知だろうか。現在は明徳義塾中学1年生となっている関戸康介くんだ。

氏名:関戸康介(せきどこうすけ)
守備:投手
投打:右投右打
所属:明徳義塾中
出身:ソフトバンクJr.

2015年のNPBジュニアトーナメントで小学6年生ながら最速129キロを投げ、打っては先頭打者ホームランと大谷翔平(日本ハム)のような活躍を見せた関戸くん。しかし、決勝戦で中日Jr.に2本のホームランを浴びるなど0-4と悔しい思いをした。その関戸くんは2016年春から高知県の名門明徳義塾中学に進学している。

関戸くんは明徳義塾中学に入学直後の5月には先発登板をするなど順調に成長。中学1年生にして最速130キロを超えている。その秘密は走り込み、縄跳びなどで鍛えた下半身の強さにある。そして、肩甲骨周りの筋肉も柔らかく上半身のバネもあり全体のバランスが整っている。

これは、大谷も同様で肩甲骨周りの筋肉が柔らかく可動域が広い。この筋肉の柔らかさによって160キロ超のストレートを投げることを可能にしているのだ。

大谷に勝るとも劣らない肩甲骨周りの筋肉の柔らかさで更なる進化が期待される。

夢はワールドシリーズMVPとすでに世界を向いている関戸くんの成長を見守りたい。

こちらの記事も読まれています

新着記事