掲載日: 文章:Clipee運営局

越後のダルビッシュが大学で成長!”椎野新”【Players report】

ここ数年、東都二部が続いている国士舘大学から2017年ドラフト候補が誕生した。「越後のダルビッシュ」こと椎野新だ。

氏名:椎野新(しいのあらた)
守備:投手
投打:右投右打
所属:国士舘大学
出身:黒川中学→村上桜ヶ丘高

新潟県の村上桜ヶ丘高校でエースとして活躍した椎野。一部では「越後のダルビッシュ」とも呼ばれ注目度は高かった。3年時の春季大会で新潟県大会を制し夏に期待がされた。しかし、決勝で日本文理に敗れ甲子園出場はならず。秋のドラフト会議で、プロ志望届を提出するも指名はなく国士舘大学へ進学。

国士舘大学では1年秋から試合に出場し、東都二部ながら通算防御率1点台を誇りプロからも注目を浴びる存在に成長した。195センチという長身から最速145キロのストレートを投げる椎野は、スライダー、カーブなどの変化球を交え押さえ込む。その投球は東都二部で圧倒している。秋季リーグの優勝決定戦では3安打、10奪三振で完封。最優秀投手にも選ばれた。

3年秋の入れ替え戦では専修大に敗れ涙を飲んだが2010年秋季リーグ以来となる一部リーグを目指し、エースとしてチームを引っ張っていく。阪神の岩崎優以来となる国士舘大からのプロ入りを目指す。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事