掲載日: 文章:Clipee運営局

WBCアメリカ代表のエース・シャーザーが代表辞退

WBCアメリカ代表のエースとして期待されていたマックス・シャーザー(ナショナルズ)が代表を辞退したことがわかった。

シャーザーは右手の薬指を骨折しており、およそ1ヶ月後のスプリングトレーニングには間に合うとしているが大事をとったようだ。

シャーザーは自身のtwitterアカウントで状況を説明した。それによると、8月から薬指の不調は始まっていたおり当初は、指の捻挫と診断されていたが12月になっても痛みが引かず、MRI検査をしたところ骨折が判明したようだ。

このように、MLBではチームや広報が発表するのではなく自身がSNSでメッセージを出すのが一般的になっている。ダルビッシュ有(レンジャーズ)、上原浩治(カブス)などの日本人選手も同様だ。日本も同じように選手自身による声明発表が増えるかもしれない。

やっぱりプロ野球選手はすごいっ!年俸ランキングトップ20!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事