2年秋から捕手転向でプロ注目!古賀悠斗【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

明治神宮大会で惜しくも早稲田実業に敗れた福岡大大濠はエースの三浦銀二に注目が集まっている。しかし、もう一人注目選手がいた。三浦とバッテリーを組んでいる古賀悠斗だ。

氏名:古賀悠斗(こがゆうと)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:福岡大大濠高校
出身:オール筑紫BBC

福岡大大濠進学時は内野手としてプレーしていた古賀。1年時は三塁手としてレギュラーを務めていた。1年秋から遊撃手へコンバート。その後、強肩ということで2年秋から捕手に再コンバートされた。

捕手経験は1年にも満たないが強肩を生かしたスローイングは圧巻で二塁送球は2.0秒を切る1.8秒。プロからも注目されるあ存在となった。新チームになって臨んだ秋季九州大会では4試合に3番捕手として4試合に出場。エースである三浦を好リードし打っても13打数4安打と結果を残した。

九州大会優勝で臨んだ明治神宮大会初戦の明徳義塾戦で、全国大会第1号本塁打を含む4打数2安打。敗れはしたものの準決勝の早稲田実業線では4打数3安打と気を吐いた。2試合の通算成績は8打数5安打1本塁打と上々の全国デビューを果たした格好だ。春の選抜は当確ということもあり甲子園の舞台に登場するのは間違いない。

甲子園の舞台で強肩強打をみせて欲しい。

こちらの記事に関連するタグ

古賀悠斗
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事