掲載日: 文章:Clipee運営局

小柄な捕手だがプロの評価はいかに!?”小林遼”【Players report】

仙台育英から富士大学へ進学という東北の強豪校で野球を続けてきた男がいよいよプロ入りを果たしそうな選手がいる。4年前のドラフトで涙を飲んだ小林遼だ。

氏名:小林遼(こばやしりょう)
守備:捕手
投打:右投左打
所属:富士大学
出身:秋田潟上シニアー仙台育英高校

仙台育英時代に上林誠知(ソフトバンク)とチームメートで甲子園に3度出場。2年夏は1打数0安打の出場に終わったが3年時は春夏通算18打数6安打、打率.333、1本塁打をマーク。力を発揮した。その後、上林とともにプロ志望届を提出。上林がソフトバンクに指名される中、小林は涙の指名漏れとなった。

プロ入りを果たせなかった小林は富士大学へ進学。1年秋からマスクをかぶり多和田真三郎(西武)、小野泰己(阪神)らとバッテリーを組んできた。2年秋のリーグ戦ではベストナインも獲得。3年秋のリーグ戦ではリード面が光り小野を5勝0敗の好成績に導いた。

173センチと小柄ながら思い切りの良いスイングでパワーはあり逆方向にも強い打球を放てるのが強み。2年時に好調だった打撃が3年になり若干低調になり3割を2季連続で下回ってしまったのは気がかりだが復調を期待したい。

小柄な捕手ということでプロがどう判断するのだろうか。もしかしたら小林の命運は小さい捕手の代名詞でもある森友哉(西武)が握っているかもしれない。

キーワード

新着記事