掲載日: 文章:Clipee運営局

リリーフとして即戦力候補!?”齋藤俊介”【Players report】

社会人の強豪JX-ENEOSは2017年ドラフト候補は谷田成吾だけではない。先発の柱である齋藤俊介も指名がありそうだ。

氏名:齋藤俊介(さいとうしゅんすけ)
守備:投手
投打:右投右打
所属:JX-ENEOS
出身:さくらボーイズ→成田高校→立教大学

齋藤は成田高校時代に甲子園出場。しかし、齋藤はロッテの唐川侑己二世と称された1学年上のエースである中川諒の控えで登板はなかった。中川引退後にエースとなるが甲子園出場の夢は叶わず立教大学へ進学。

立教大では1年春からリリーフとして登板。4試合で防御率1.50と結果を残すと1年秋から先発に配置転換。以降4年間で11勝をマーク、防御率2.45だった。3年時に肩を故障したこともありプロ志望届は提出せず社会人の門をたたく。

奇しくも成田高校の先輩である中川が所属していた社会人野球の強豪JX-ENEOSへ進むことになった。中川は既に引退していたこともありチームメートとして戦うことはなかったが、1年目から都市対抗、日本選手権と2大大会に先発登板。3試合で防御率2.31と結果を残している。

176センチと上背はないがガッチリとした体型から最速149キロのストレートを投げる。ワインドアップからの腕の振りが早くスライダー、スプリットを織り交ぜる。

ドラフト1位級ではないがリリーフとして即戦力の活躍が期待できそうだ。

キーワード

新着記事