掲載日: 文章:Clipee運営局

筒香二世は自分で育てる!堺ビッグボーイズのスーパーバイザーに就任!

昨シーズン、大ブレイクを果たし今シーズン、そしてWBCでも主砲としての期待がされる筒香嘉智(DeNA)。

その筒香が、自身の育った堺ビッグボーイズのスーパーバイザーに就任した。現役選手が少年野球大会を開催することはある。しかし、スーパーバイザーに就任し育成に関わることは異例だ。

堺ビッグボーイズは筒香、そして森友哉(西武)もOBとして名を連ねている強豪チームで少年野球では珍しいリーグ戦形式の戦いを行っている。そのチームで小学生の部門が立ち上がったのは今から3年前のことだ。

今年から筒香はスーパーバイザーとして関わっていくが「子どもたちに考えさせる時間を作ってあげることが大切。今は、答えを与えすぎていて指示を待つだけの子供が多くなっていると感じる」と語り答えを探させる取り組みを行っていきたいようだ。

筒香自身も子供の頃から不器用ではあるが考えて困難を克服しようと行動する子供だったという。

また「前例がないことを嫌うがそれでは何も変わらない。誰かが変えないとよくならない。僕は野球界に還元できることをやっていきたい」と熱く語っている。

筒香の理念が染み込んだ小学生たちが、やがてプロ入りを果たし筒香を超える存在となっているかもしれない。自分を超える存在を自分で育てる。それに勝る喜びはないだろう。

筒香二世の誕生を楽しみに待ちたい。

DeNA開幕投手の石田は15勝を目標に!

キーワード

新着記事