今年の履正社は右のエース!”竹田祐”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

寺島成輝(ヤクルト)、山口裕次郎(日本ハム入団拒否)の影に隠れており2年時は登板機会の少なかった竹田祐。その竹田が今秋のドラフト候補として名前があがりそうだ。

氏名:竹田祐(たけだゆう)
守備:投手
投打:右投右打
所属:履正社高校
出身:生駒ボーイズ

偉大な先輩寺島の後を受け継いでエースとなった竹田。寺島と比較すると物足りなく写ってしまうが決してそんなことはない。

夏の甲子園では背番号「11」をつけベンチ入りを果たすも登板はなし。寺島、山口が引退した新チームで「1」を背負いエースとなった。

秋季近畿大会では3試合に先発し24回を投げ自責点はわずかに3、防御率1.13と抜群の成績を残し明治神宮大会への切符を手に入れた。明治神宮大会では20.1回を投げ自責点は1、防御率0.44。圧倒的な数字を残すことに成功した。

182センチ、83キロの体格から投げ込まれるストレートは最速145キロを記録。投球の8割近くはストレートでスライダーを時折混ぜ込む投球スタイルだ。そのスライダーのキレもよくドラフト候補に食い込んで来ることは間違いない。

現状はドラフト最上位候補ではなく下位指名の素材候補としての獲得だろう。球速が伸び、落ちる系のフォークボールなどが使いこなせるようになれば面白そうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事