掲載日: 文章:Clipee運営局

柳先輩に続け!今秋ドラフト指名を目指す!”竹村春樹”【Players report】

2016年ドラフト会議で柳裕也、星知弥、佐野恵太、中道勝士と4名が指名された明治大学。2017年ドラフトでもドラフト指名に掛かりそうな選手がいる。中学、高校と注目されてきた竹村春樹だ。

氏名:竹村春樹(たけむらはるき)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:明治大学
出身:小山ボーイズ→浦和学院高校

2016年もに3年連続5回目のジャイアンツカップ出場を果たした小山ボーイズ出身の竹村。竹村在籍時もジャイアンツカップに出場、竹村自身は1番ショートでスタメンだった。

浦和学院に進学した竹村は1年春からレギュラーを獲得。卒業までに4度の甲子園出場を果たした。3年春の選抜では小島和哉(早稲田大)を擁し初の全国制覇。竹村も5試合で打率.304と結果を残し優勝に貢献した。ドラフト雑誌にも名前が載るなど注目を集めたがプロ志望届は提出せず明治大に進学。

明治大進学後は1年春から試合に出場するも高校時代のような快音はなかなか聞こえてこない。2年秋に打率.300を記録したが3年時は打率.200を下回っており低迷している。

守備はよく球際に強いのはアピールポイント。50メートルを6秒前半で走る俊足を生かすためにも打撃を磨きたい。

最上級生になった2017年に打撃力向上が見込めればドラフト指名も見えてくる。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事