掲載日: 文章:Clipee運営局

侍の主砲として中田翔が体のキレを身につける

日本ハム中田翔が東京都内で行っている自主トレを公開した。

昨シーズンオフから体のキレを出すために『ねじれ強化トレーニング』を行っている。これは、パワーアップのために筋力強化を図るものではなく深層筋を強化しキレを出すために行うトレーニングだ。

中田は現在97キロ前後となっておりシーズン終了時から10キロほど減量に成功。筋力をねじって力を出す方向にシフトしたようだ。その影響もありハワイでの自主トレでも打球の質がよく手応えを感じているようで「状態はいい。今までと同じスイングだけど打球の質が変わった」と語っている。

中田はWBC日本代表の先行発表時点で侍ジャパンに選ばれており、WBCに出場することは確定している。しかし、小久保裕紀監督は強化試合で中田を4番で起用してきたが本戦でどのように起用するか明言していない。

日本ハムは2月1日からアリゾナキャンプ組と沖縄県国頭組に別れるが中田はじっくりと調整するために国内を選んだ。栗山英樹監督も全面的に中田をサポートするために打撃投手の配置換えまで行った。その後、宮崎県で行われる日本代表の合宿に合流する。

「万全の状態でキャンプに入りたい。日本代表のユニフォームは誰もが着られるものではないし気持ちを引き締めていく。打順は6番くらいで」と語っているが心中ではそんなことはないだろう。4番として戦ってきた意地やプライドもあるはずだ。

侍ジャパンの主砲として自らのバットで結果を出しチームを勝利に導いてくれることを期待したい。

大谷は開幕回避? 鍵は増井に村田の起用法!日本ハムの投手事情

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事