掲載日: 文章:Clipee運営局

俊足巧打でプロ入りまで後一歩!”米満一聖”【Players report】

2015年のドラフトで今永昇太(DeNA)を輩出した駒沢大学。現在、東都の二部で戦っているが今な外来のドラフト候補生が誕生した。それが、米満一聖だ。

氏名:米満一聖(よねみついっせい)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:駒沢大学
出身:八尾フレンド→敦賀気比高校

桑田真澄(元巨人ほか)の出身チームでもある八尾フレンドから敦賀気比に進んだ米満一聖。2年、3年と春の選抜に出場。2年生の時から背番号「5」を付け試合に出場。3年時は5試合で打率.368、1本塁打、6打点の活躍を見せた。U-18日本代表でも最終選考まで残っており注目を浴びる存在だった。

その後、駒沢大学へ進学し1年春から試合に出場。1年秋にはレギュラーを獲得。2年時は春秋ともに打率1割台と苦しんだ。チームが二部に降格した昨年は春秋通算で22試合、打率.291と復調。最上級生となる今年は主将に就任しチームを引っ張る思いは強い。二部からのスタートだが春季リーグで結果を残し秋は一部へ昇格したい。

174センチと小柄だが広角に打ち分けることができるコンタクトヒッター。俊足を生かすために3年春から中堅手へコンバート。右投左打の俊足巧打型はプロでも同タイプが数多く存在する。プロ入りするためにはもう少しパワーがほしい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事