掲載日: 文章:Clipee運営局

制球難を克服でドラフト候補へ名乗り出ろ!”森圭名”【Players report】

春のセンバツ出場はならなかったが夏の甲子園で昨年のリベンジを果たしたいのは富山第一の森圭名だ。

氏名:森圭名(もりけいな)
守備:投手
投打:右投右打
所属:富山第一高校
出身:富山中央ボーイズ

昨夏の甲子園で2試合に登板。初戦の中越戦では7階からリリーフ。あわやノーヒットノーランを食らう寸前で味方が逆転勝利。3回無失点4奪三振の投球で勝ち投手となった。2回戦との広島新庄戦では5回6失点と本来の力を出せず悔しい思いをした。

新チームとなりエースナンバーを付けて臨んだ秋季大会。富山県大会では4試合に先発。準決勝の富山東高校戦で8回途中8失点と大きく乱れた。しかし、3位決定戦となった新湊戦では9回完封勝利。北信越大会へ駒を進めることに成功。

北信越大会では初戦で日本文理に9回8失点(自責7)と敗れ春の選抜への道は絶たれてしまった。四球を9個出し波に乗れなかった。

昨夏の甲子園も6四球から崩れており制球が課題。174センチ、79キロと小柄ながら最速146キロとストレートに威力はあり制球難が改善されると面白そうだ。変化球はスライダー、カーブなどを交えている。プロに行きたいといっており夏の甲子園までに更なるパワーアップを目指す。

キーワード

新着記事