掲載日: 文章:Clipee運営局

不調からの脱却を!変則左腕の”大竹耕太郎”【Players report】

多くの好投手を輩出している早稲田大学。今年のドラフトにも左の大竹耕太郎を送り込むことになりそうだ。

氏名:大竹耕太郎(おおたけこうたろう)
守備:投手
投打:左投左打
所属:早稲田大学
出身:託麻中学→済々黌高校

熊本県済々黌高校シ出身の大竹は1年からエースナンバーを背負い2年夏に甲子園へ出場。初戦の鳴門戦で9回9奪三振1失点の好投で完投勝利。次戦で藤浪晋太郎(阪神)擁する大阪桐蔭に敗れたものの甲子園1勝を挙げた。

秋季大会で九州大会準優勝を果たし3年春の甲子園にも出場。初戦の常総学院戦で完封勝利。次戦では安樂智大(楽天)擁する済美に完投するも4失点。安楽にも2本の長打を浴びるなど敗戦投手となった。ドラフト候補にもなっていたがプロ志望届は提出せず早稲田大へ進学。

早稲田大では1年秋から先発として活躍。1年秋、2年春と2季連続で4勝を挙げるなどをし2年春はbネストナインにも輝いた。しかし、以降は低迷が続き昨年は年間1勝と苦しい投球が続く。

左の軟投派である大竹は最速140キロのストレートとスライダー、ツーシームなどをコーナーに投げ分ける投球で凡打の山を築く。左の変則的なフォームということでプロでは中継ぎとしての起用が多くなりそうだ。今年、巻き返しを図りドラフト注目候補に名乗りを上げたい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事