掲載日: 文章:Clipee運営局

兄に続け!ケガを克服しプロ入りを目指す”藤谷勇介”【Players report】

兄である藤谷洸介が昨年のドラフトで阪神にプロ入りを果たした藤谷勇介。延岡学園のエースとして君臨する藤谷は隠れた逸材候補で今秋のドラフト候補となりそうだ。

氏名:藤谷勇介(ふじたにゆうすけ)
守備:投手
投打:右投右打
所属:延岡学園高校
出身:福川中学

福川中学では軟式でプレー。当時から最速142キロを計測。注目を浴びていた。延岡学園では1年からベンチ入りを果たしている藤谷。1年夏にデビューを果たすが疲労骨折などの影響もあり秋季大会では1試合の登板に終わる。しかし、最速は143キロと好素材としての期待は高かった。

昨夏は山本由伸(オリックス)擁する都城に敗れ甲子園出場はならず。秋季大会でも九州大会には届かなかったため甲子園出場は未だにない。それだけに最後の夏へ掛ける思いは強い。

ストレート、カーブを中心とした右の本格派候補。183センチ、74キロと体格もよく『大化け候補』として各球団が下位指名候補としてリストアップを図っている。フォームにばらつきがあり安定していないが、夏の予選までにどのように仕上げてくるか注目が集まる。

ケガが多く実績が残ってないのが不安材料ではあるが兄の藤谷洸介(パナソニック→阪神)に続いてのプロ入りを目指す。

キーワード

新着記事