掲載日: 文章:Clipee運営局

トリプルスリーにゴールドグラブも狙える一塁手”ポール・ゴールドシュミット”【海の向こうの凄いやつ】

『ゴルディー』の愛称で親しまれているの強打の一塁手はポール・ゴールドシュミットだ。2017年WBCにアメリカ代表としても出場が濃厚だ。

名前:ポール・ゴールドシュミット(Paul Goldschmidt)
国籍:アメリカ
生年月日:1987年9月10日
守備:内野手
投打:右投右打
所属:ダイヤモンドバックス
年俸:887.5万ドル(2017年)
2016年成績:158試合/打率.297/24本/95打点
通算成績:779試合/打率.299/140本/507打点
※2016年終了時点

2009年にダイヤモンドバックスから指名されプロ入りを果たしたゴールドシュミット。2011年にメジャーデビューを果たし2012年から不動のレギュラーとして一塁を守り続けている。レギュラー定着2年目となる2013年には打率.302、36本塁打、125打点の成績を残し本塁打王、打点王、ゴールドグラブ賞を獲得。まさに、主軸の活躍をしMVP投票で2位に入るなど全米的なスター選手へとなった。

以降、毎年3割、20本塁打前後の成績を残し安定した打撃を見せている。また、選球眼もよく昨年は2年続けて110四球とボール球に手を出さないコンタクト力もある。

強打の一塁手の印象が強いがそれだけではなく守備、走塁にも優れており、自己最多となる32盗塁をマーク。トリプルスリーも十分に狙える存在だ。

新着記事