掲載日: 文章:Clipee運営局

ダルビッシュの元同僚・強打の二塁手”イアン・キンズラー”【海の向こうの凄いやつ】

ダルビッシュ有(レンジャーズ)がレンジャーズに移籍当時二塁を守っていたことで日本のファンにも馴染みがあるイアン・キンズラー。アメリカを代表する強打の二塁手だ。

名前:イアン・キンズラー(Ian Kinsler)
国籍:アメリカ
生年月日:1982年6月22日
守備:内野手
投打:右投右打
所属:レンジャーズ→タイガース
年俸:1,100万ドル(2017年)
2016年成績:153試合/打率.288/28本/83打点
通算成績:1534試合/打率.288/212本/787打点
※2016年終了時点

2003年にレンジャーズから17巡目全体496番目で指名され入団を果たしたキンズラー。その指名順位からもわかるように大きな期待を掛けられていた選手ではなかった。

しかし、マイナーリーグで結果を残すと2006年にメジャー昇格。二塁手ながら打率.286、14本塁打、55打点の成績を残し新人王投票でも7位に入った。以降はレンジャーズの二塁手としてレギュラーを掴み2013年まで在籍。そのオフに阪神で活躍したセシル・フィルダーの息子であるプリンス・フィルダー(当時タイガース)とトレードされタイガースへ移籍。

移籍後のインタビューでは古巣レンジャーズに対し「仲間は好きだけど、あのチームは0勝162敗すればいい」と決別とも取れる発言をしニュースにもなった。

タイガース移籍後もキンズラーは活躍を続け昨シーズンは5年ぶりに20本塁打を超える28本塁打をマーク。自身初のゴールドグラブ賞にも輝いている。

2017年WBCにもアメリカ代表として出場予定。34歳のキンズラーにとって最初で最後のWBCとなりそうだ。

こちらの記事も読まれています

新着記事