掲載日: 文章:Clipee運営局

A-ROD二世と呼ばれた若手のホープ”マニー・マチャド”【海の向こうの凄いやつ】

強肩強打の三塁手であるマニー・マチャド。アメリカ国籍を有しており本人もアメリカ生まれだが両親ともにドミニカ出身ということでドミニカ代表として2017年WBCには出場予定だ。

名前:マニー・マチャド(Manny Machado)
国籍:アメリカ
生年月日:1992年7月6日
守備:内野手
投打:右投右打
所属:オリオールズ
年俸:1,150万ドル
2016年成績:157試合/打率.294/37本/96打点
通算成績:608試合/打率.284/105本/311打点
※2016年終了時点

2010年のドラフトでオリオールズから1巡目全体3位で指名されたマチャド。19歳のシーズンとなる2012年にメジャーデビュー。51試合の出場で打率.262、7本塁打の成績を残し翌年に期待を持たせてくれた。当時から『A-ROD2世』と称され期待度は高く、デビュー2年目にはオールスターにも出場。ゴールドグラブを獲得するなど着実に成長している。

2014年はケガの影響もあり82試合の出場に終わるが2016年に復帰すると全試合に出場し35本塁打をマーク。自身2度めとなるゴールドグラブも受賞した。昨シーズンも打率.294、37本塁打とキャリアハイの成績を残している。

マチャドは本来、遊撃手だがチーム事情もあり三塁を守っている。折を見て遊撃手に戻る可能性が高い。

ドミニカの鉄壁三塁手”エイドリアン・ベルトレー”【海の向こうの凄いやつ】

新着記事