掲載日: 文章:Clipee運営局

打撃を磨いてドラフト指名を目指す”小畑尋規”【Players report】

昨秋のドラフトでオリックスか2位指名の黒木優太を輩出した立正大学が今年も有望株を育ててきた。先日発表された大学日本代表候補に選出されている小畑尋規だ。

氏名:小畑尋規(おばたひろき)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:立正大学
出身:札幌西シニア→北照高校

北照高校時代に3度の甲子園に出場している小畑。3年時に出場した春の選抜では、4番捕手として3試合に出場し10打数4安打3打点と活躍。チームのベスト8進出に大きく貢献した。夏の選手権大会にも出場したが内田靖人(現楽天)擁する常総学院に0-6と完敗。自身も3打数ノーヒットと結果を残すことができなかった。チームメートの吉田雄人(現オリックス)がプロ志望届けを提出する中で小畑は提出せず進学を選んだ。

立正大に進学した小畑は1年時から試合に出場。2年春からレギュラー捕手として扇の要を任されている。3年生となった昨年春のリーグ戦で東都二部の6位となる打率.324をマークした。その後、大学日本代表候補にも選ばれ秋のリーグ戦では飛躍が期待されたが打率.146と低迷。打撃に課題が残っている。

179センチと大柄ではないがパワーはある。二塁送球2秒を切っており、強肩はアピールポイント。最終学年となる今年、打撃が磨ければドラフト指名もあり得る存在だ。

キーワード

新着記事