掲載日: 文章:Clipee運営局

指名漏れからの再起をかける”北出浩喜”【Players report】

昨年のドラフトで即戦力セットアッパー候補としての指名が期待された北出浩喜。しかし、指名はなく今年もパナソニックで社会人野球を続けることになった。

氏名:北出浩喜(きたでひろき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:パナソニック
出身:中海中学→小松商業→愛知工業大学

石川県小松商業時代に甲子園の出場経験はなく愛知工業大に進学。愛知工業大では1年春から先発として活躍。チームは一部、二部と昇降格を繰り返したが一部で通算防御率1点台の成績を残している。4年時に右ヒジの手術を行った影響で秋のリーグ戦の登板はなくプロ志望届も提出しなかった。

北出は愛知工業大からパナソニンクへと進み1年目からリリーフとして活躍。日本新薬の補強選手として出場した1年目は3試合5回を投げ防御率0.00、昨年は1試合で3.2回を投げ防御率0.00と無失点を続けている。日本選手権では15年に1失点を喫したが昨年は0.2回を無失点。大きな舞台で実績があるのは強み。

最速150キロを超える豪腕リリーバー。ストレートで押し、スライダー、チェンジアップなどの変化球も交える投球。変化球で空振りが奪えるとおもしろくなる。昨年もドラフト候補として名前が挙がっていたが指名はなく今年のドラフトに望みをかける。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事