掲載日: 文章:Clipee運営局

強打の捕手になることを期待したい”岸田行倫”【Players report】

昨秋のドラフトで酒居知史、土肥星也の2名がロッテからドラフト指名された大阪ガス。その大阪ガスが今年は強肩捕手をプロの世界へ輩出してくれそうだ。高卒社会人3年目となる岸田行倫だ。

氏名:岸田行倫(きしだゆきのり)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:大阪ガス
出身:兵庫タイガース→報徳学園

報徳学園高時代に2度の甲子園出場。2年春の選抜は背番号「6」で遊撃手として出場。2年秋から捕手とに転向し3年春に2度目の甲子園出場となったときは背番号「2」で出場を果たす。初戦敗退となったが捕手としてマウンドに登り4.1回を無失点に抑える好投をみせた。プロ志望届を出すこと無く大阪ガスへと進んだ。

大阪ガスでは初年度からスタメンマスクをかぶり日本選手権では4試合に出場。打率1割台と打撃は振るわなかったもののチームの準優勝に貢献した。2年目となった昨年の都市対抗野球ではスタメン出場はならなかったが途中出場。しかし、打席は回ってこずに初戦敗退となった。日本選手権では4試合で打率3割をマーク。また、猿渡真之のノーヒットノーランをリードするなど攻守に活躍した。

その活躍もあり社会人野球の優秀賞捕手部門に選ばれている。

175センチ、78キロと決して大柄ではないが肩が強く安定した守備を見せる。打撃が更に上向けば上位指名もあり得る存在だ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事