掲載日: 文章:Clipee運営局

二刀流から投手に専念”榎本和輝”【Players report】

大学2年まで二刀流として活躍していたが昨年投手一本に専念したのは大阪商業大の榎本和輝だ。

氏名:榎本和輝(えのもとかずき)
守備:投手・内野手
投打:右投右打
所属:大阪商業大学
出身:大正シニア→京都翔英高校

京都翔英高時代は3年春に甲子園へ出場したが8回6失点と敦賀気比に打ち込まれ初戦敗退。プロから注目を浴びていたものの、プロ志望届は出さず大阪商業大に進学。

大阪商業大では1年時から打者として試合に出場しながら投手としての登板も行っていた。1年春に4番指名打者として31季ぶりとなる2打席連続アーチを放つなど戦列安デビュー。1年秋は指名打者としてのベストナイン、新人賞も獲得。2年時も野手としての出場が多かったが、3年となってからはほぼ投手に専念するようになった。3年春には6試合に登板し防御率4.67ながら、秋は3試合の登板で11回を投げ防御率0.82を記録。最終学年となる今年も投手一本で行くことになる。

高校時代から野手、投手ともに好素材として注目されているが多くのスカウト評価は投手としてのもの。最速144キロのストレートとチェンジアップ、スライダーを投じるが制球に難があり四球は多い。ドラフトにかかるときも投手としての指名が予想される。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事