掲載日: 文章:Clipee運営局

東洋大の新戦力・智辯学園で昨春甲子園Vの村上、納が練習合流

昨春のセンバツ甲子園において優勝を果たした智辯学園のエース村上頌樹とポイントゲッターの納大地。

投打の要であった2人はプロ志望届を提出せず進学を選び東都大学野球連盟の東洋大学へ入学予定だ。その2人が進学先である東洋大学の練習に初めて参加した。

村上は「緊張した。勝てる投手になることを目指したい」と語れば納は「日本一に慣れるよう頑張りたい」と意気込んだ。東洋大の高橋昭雄監督は「春からチャンスはある。高校で日本一になった経験は大きい」と語っている。

東洋大は昨秋のリーグ戦で2位となり2011年春季リーグ以来の優勝に近づいた。高校で日本一の経験を持った二人を軸に春季リーグで復活を目指す。

法政大学合宿所に横浜高校・石川ら新入部員が入寮!

新着記事