掲載日: 文章:Clipee運営局

V逸は許されない!大型補強となった巨人投手陣の起用法はいかに!?

2014年シーズン以来2年ぶりの優勝を目指したものの、優勝した広島から17.5ゲーム差離された2位に終わった昨シーズンの巨人。

渡辺恒雄最高顧問が「フロントの責任。補強してねぇもん」と一言呟いたことにより、このオフシーズンは精力的に補強を行い戦力は大幅にアップした。投手を見るとトレードで日本ハムから先発左腕候補の吉川光夫を獲得。FAでは中継ぎ左腕の森福允彦、先発ローテーション入りが期待される山口俊を次々に補強。

ドラフトでは目玉の田中正義(ソフトバンク)、佐々木千隼(ロッテ)こそ抽選に外れたものの畠世周、谷岡竜平、池田駿といった即戦力候補の投手陣を獲得した。

また、新外国人投手として昨シーズン、マリナーズに所属したカミネロを獲得。最速166キロとも噂されているカミネロはマシソンとともに強力なリリーフ陣を形成することになりそうだ。

また、昨シーズン、ローテーションの軸として働いた菅野智之、田口麗斗、マイコラスは揃って健在となっており大きな上積みが期待される。

投手陣で流出したのは楽天へトレードされた小山雄輝、山口の人的補償でDeNAへ移籍した平良拳太郎、昨シーズン1勝3敗のポレダとなっており大きな影響はなさそうだ。

新着記事