掲載日: 文章:Clipee運営局

昨季ナ・リーグ本塁打王カーターが日本行きも?

昨シーズン、MLBナショナルリーグの本塁打王で2014年の日米野球にも来日したクリス・カーター(ブリュワーズ)が日本でプレーする可能性もあるとアメリカの大手サイト『FOX SPORTS』が報道した。

カーターは昨シーズン1年契約でブルワーズでプレー160試合に出場し打率.222ながら41本塁打を放ち本塁打王に輝いた。同時に206三振で三振数もリーグ最多となっている。カーターは現在までメジャーリーグ各球団との契約はなくFAの状態だ。

報道によるとカーターの代理人であるデーブ・スチュワートはFOX SPORTSに対して「日本からのオファーが来たら検討する」と語っている。

一塁、指名打者のみの出場となるが昨シーズンの年俸は250万ドル。手が出せない額ではない。はたしてカーターは開幕をどこで迎えるのだろうか。今後の去就に注目したい。

米大統領トランプ政権の影響はMLB球界にも...日本人選手にも影響か?

キーワード

新着記事