掲載日: 文章:Clipee運営局

楽天・岸が初日からブルペン入り 「ユニフォームも違和感なかった」

シーズンオフに西武からFA宣言をし楽天へ移籍した岸孝之が初日からブルペン入りを行った。

捕手を立たせたままの状態で47球を投げ込んだ岸は「毎年のことですが、初日からマウンドの傾斜を使ってバランスを確認したい。初めてのブルペンにしては良かった」とコメント。

梨田昌孝監督も「リリースポイントが前でバランスが良く安定感がある」と評価している。

岸は「楽天の一員になった感じがする。ユニフォームも違和感なかった。チームで一番になれるように調整していきます。1年間ローテーションを守れれば」と語り現在のエースである則本昂大を意識したコメントを残した。

地元仙台に戻ってきた岸は今シーズン活躍し故郷に錦を飾る。

楽天・オコエ 練習復帰「気合が入ればなんとでもなる」

こちらの記事も読まれています

新着記事